ベルギー戦

残念。いい試合でした。お疲れ様でした。

ベルギー監督の選手交代が効果的でした。押さえられていたキー選手主体の攻撃から優位な高さを生かした攻撃に代わり流れを引き戻し同点に追いつき、最後は破壊力抜群のカウンター。やはり強かった。

川島は色々批判がありますが、単純に肉体的な衰えかと。もうイメージ通りに体が動かせていないです。明らかに出足が遅くアジリティの衰えを本人も感じていたと思います。その為ポジションニングで補うしかできなかったのでしょう。積極的な守備ができず唯一ベルギーに高さで対抗出来るキーパーとしての役割を全うできませんでした。

その川島以外の選択ができなかった日本の層の薄さが弱点だったのでしょう。

主力は世界と戦える事を証明したワールドカップでした。ただ23名全員がヨーロッパで活躍出来るポテンシャルがないと戦えない事も明らかにしてくれました。

西野さん続投でしょうか。日本サッカー協力には長期的な成長を継続するような戦略を期待したいです。

今後ますます戦術が高度化がしていくと思いますのでサッカーIQを向上する育成もお願いしたいです。

代表選手のみなさん本当にお疲れ様でした。

ポゼッションサッカーの終焉か

現代サッカーでポゼッションを取らないチームはいない。

ただ、ドイツ、スペイン、アルゼンチンとなどカウンターが出来ない場合にポゼッションを主体に攻撃するチームが軒並み敗退。

既に対応方法が確率されたように見える。素人が見てそうなのだからきっとそうなのであろう。

ブロックの幅が狭くなり間に入る事ができずパスが回せず。ゾーンとマンツーマンのハイブリットでポジションチェンジやフリーマンの動きを封じ込め、裏を取られてもボックス内に人数をかけて入ってきたボールを跳ね返す。

ドリブルにもチャレンジしたディフェンスは抜かれ無いことを意識しカーバやプレスバックでボールを奪取。

ポゼッションサッカーの守備面では弱点の左右の裏をつかれてDF2枚で対応しなくてはいけない為ピンチを招く。

90分ポゼッションを基本戦術とするサッカーは、ナショナルチームレベルでは完遂できず、全員が強烈な個が揃う4代リーグのトップチームしか出来ない戦術なのかもしれない。

ポーランド戦

コロンビアありがとうございます。

山口蛍のせいではありません。使った西野さんの責任です。山口蛍はポゼッションできません。動き出しが悪く周りの選手との距離感も悪いためボールが繋がらずリズムが出ません。

ワンタッチプレーも少なく、サイドチェンジも遅いので相手を崩せません。

サッカーはミスをするスポーツなので、やるべき事をやってのミスはしょうがないし、上手くいかない事もあります。山口蛍を責めるつもりもありません。

次は使わないで下さい。お願いいたします。

ポーランド戦スタメン予想

川島そのまま、山口が長谷部と変わって先発の記事を見た。マジか。

引き分け狙いでは100%負け確定。当然守備の時間は長くなるかもしれないが、格上に勝つには攻撃的に行くしかない。

とにかく頑張って下さい。

ハリルさんの失敗は

ハリルさんから西野さんに変わってしまい結局ハリルさんの戦術がわからないままになってしまった。

日本の選手が理解できないほど高度な戦術だったのかもしれないと思ったりする。

ハリルさんの失敗はデュエルを重視の戦術だった為、フィジカル数値が高い選手をメインに起用、選出した為ではないだろうか。

浅野、井手口、山口はJリーグではトップクラスのデータだったと思われる。ただ、所属Jチームでは輝くが、海外ではいづれも定着できていない。

ハリルさんがもしサッカーIQが高く、柔軟性のある選手を優先して選出していれば目指すサッカーを体現できたかもしれない。

セネガル戦

引き分けで良かったです。

柴崎ゲームを制圧。ヤバすぎる。

日本は左右の裏をついていく作戦。簡単なポゼッションをとりロングボール含め早めにスイッチ入れる。情報どおり、横、斜めの攻撃にはセネガルDFボールウオッチャーになりマークが外れるところを上手く狙えていた。

後半の2:2以降は、セネガルがボールの取りどころをボランチに変えてブロックを敷いてきたように見えた。そこからパスの出しどころがなく苦しい感じだったが集中してよく守った。

作戦を遂行し格上に追い付いての価値ある引き分け。寝ないで見て良かったです。

川島は失点以外のも含め、反応、判断悪すぎ。出足も遅い。フランス1部と言ってもメスはDF崩壊していていつも大量失点。一年間そこでプレーして成長するわけないよね。次戦は中村で。失敗しても次のワールドカップにつながる。

宇佐美は唯一の見せ場でドリブルしてボールロスト。ペナルティエリア内には攻撃陣の人数は揃っていたように見えた。くさびのパス入れて裏に抜けたり、斜めのクロス入れたり、他にも選択肢があった中で玉砕ドリブルを選択。天才でも戦術、状況を理解できない人は使えないと自ら証明。次は出る機会ないと思うので良かったです。

コロンビア戦

先発はほぼ予想通り。勝って良かった。

前半、コロンビア退場者で有利になったにもかかわらず、ピッチ上でやるべき事がチーム全体で統一できないサッカーIQの低さを露呈。なんで攻め急ぐのか意味不明。試合運び下手すぎ。

ハーフタイム後にやっとやるべき事がチームで統一。

普通に考えて、マイボールにしてビルドアップして準備できたら早めにスイッチ入れてシュートまで持っていく。とられたらハイプレス。ボール取ったら、無理して攻めずポゼッションとってやり直しの繰り返しかと。気をつけるのは、数的優位の意味がなくなるカウンターと高い位置でのセットプレー。

柴崎ヤバい。サッカーIQ高い。変わった山口蛍、残念過ぎ。サッカーIQ中学生並み。ボール奪った後に縦パス入れてボールロストする意味わからない。多分敵チーム。後から入ったのにサボり過ぎ。ディフェンスがボール持った時、降りて受けるプレーしなすぎ。ディフェンスが前に蹴るしかできなくなる。ビルドアップ、ポゼッションとれない。次は大島で。

セネガル戦、非論理的なサッカーで相手をイライラさせミスを誘い勝つ。

ワールドカップ最終候補

マジですか。

選出基準わかりません。中島選ばないの?

浅野なぜ?技術、戦術理解無さすぎ。伊藤じゃダメですか。

井手口、山口蛍、自陣からのビルドアップできない。リズム変えられない。いつも単調なリズム。横パスとられ過ぎ。ボール取れてもすぐロスト。

三竿、大島に期待します。

宇佐美?誰それ。

個人的にはこんなに期待できない日本代表はない。

期待を裏切って一次リーグ突破してください。

トレセンに落ちても気にしない

トレセンについて書いて見ようと思います。間違っているかも知れませんのでご参考まで。

4種のトレセンは以下のようにカテゴリ分けされます。

  1. 区市町村
  2. 地域
  3. 都道府県
  4. 地方
  5. ナショトレ

下のカテゴリではチーム推薦でセレクション無しもありますが、基本的にはセレクションに合格しなければなりません。

トレセン活動は月1回程度で長期休暇に大会参加や合宿が基本でしょう。サッカーが盛んな地域は結構な頻度で活動しているようです。

子供が受けた地方トレセンではFP300人ぐらい受けて合格は60人ぐらいだった感じです。上位カテゴリはその中から選抜された子達がセレクションします。

“トレセンに落ちても気にしない” の続きを読む

リフティングの練習は必要か

父兄が指導者にリフティングの練習する必要はあるか聞いていますが、個人的には100回ぐらいはできれば回数の練習は不要かと。

回数の練習をするなら制約のあるリフティング、例えば、部位限定、部位順番指定、高さ指定など、また、リフティングする部位も頭、胸、インサイド、アウトサイド、インステップあらゆる箇所を使うほうが実践的かと思います。

下の息子のチームはリフティングの練習は不要とのことでチーム練習では全くせず。ただ、チームには1000回越えは数人います。サッカーが好きな子は親が言わなくても勝手にやるので無理強いする必要はないかと。

ちなみに下の息子は、チーム練習以外は全くボールに触りませんので小学1年から6年間サッカーしていますが30回ぐらいしかできません。

あるい意味それも凄いかと。息子がやる気になるのが怖くなるほどのびしろしかない。