新生 守保ジャパン

守保ジャパンに代わり4戦負け無し。縦に速い攻撃的なサッカーで観ていても面白い。

気になるのは、左サイドバック。長友がケガで離脱したことで長友の凄さが良くわっかた。攻撃参加に左サイドバックが上手く連動できていない。特に左サイドハーフが原口の時、原口は中央にポジションを取るのが早い、かつ、左サイドバックの攻撃参加が遅いため、中央が混雑し、左サイドも使えずボールロストするケースが多発している。早急に長友に変わる左サイドバックを育てる必要がある。先日のキルギス戦でゴールを決めた山中には期待したい。

もう一点は、縦に速い攻撃を目指しているので、前線4枚とハーフとの間に大きなスペースができるが、明らかに攻撃できない状況でも、無理してボールロストしてしまい、中央のスペースを使われ逆襲されるケースが結構ある。今は選手も結果を出そうと攻撃の意識が高くなっているのでしょうがないかとも思うが、本来、リスク管理でポゼッションをとり陣形を整えてから攻撃すべきである。

いづれにしても、強豪にも点が取れる可能性を示しているので、今後に期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です