少年サッカー親の揉め事

二人の息子が少年サッカーをしていいた6年間結構揉め事がありました。聞いた話しもありますがご参考まで。チームでの振るまいにお役立て下さい。

1. 子供が練習にこないのに試合だけ来ると人数が多いチームでは、子供が試合に出れなくなる場合があり当然親は色々言います。逆もあり人数が少ないチームは事前に参加可否を問われブッチギリは厳禁です。干渉されずに好きなときにサッカーするならサッカースクールでもいいかも知れません。

2.少年団だと役員や当番は回り番ですが、役員をやらない、当番の時に休むは当然反感を買います。兄弟がいたり、土日仕事の方は中々都合をつけるの大変なので、早めにみんなと仲良くなって、交代してもらえる環境を作りましょう。

3.指導者の決めたレギュラーやポジションに口をだす親が結構います。誰を出すなとか、どのポジションで使えとか、自分の子供の事を言われた親は当然激おこです。実際にあった下の学年の話ですがコーチと子供の母親が不倫して、その母親が自分の子供をレギュラーにするようにお願いしていると噂になりました。確かにゴマすりはしているようでしたが信憑性があったとも思えません。でも、それを耳にしたヤンキーママ達が、そのゴマすりママに色々言ってチームを辞めさせました。うーんママ達恐るべしです。出る杭は遠慮なく打ちます。

4. 本当よくあるAチーム、Bチーム問題。なぜうちの子供がBチームというのはあるのですが、AとBは所属リーグも違い、複数チーム参加可能な大会は別で参加するので別行動になり練習以外はほぼ活動が違う事が多くなります。実際に少年団の時に上の学年であったのは、Aチームの親がBチームがオフの時はAチームの試合を応援に来るように強制しました。AチームはBチームの応援には行きません。当然Bチームの親は怒り心頭です。最終的にはABチームの親が全員集り会合が開かれ、別々に行動する事で治まりました。同じチームなので仲良くやればいいのに、Aの親は自分達が上と勘違いしちゃたのでしょうか。Aチームがえらい訳ではないので。

5.これは仲がいい人のママの話ですが、その子はめっちゃサッカー上手なのですが、5年の時に超強いチームに入りました。当然すぐレギュラーになったのですが、元々レギューラだった子のママグループから完全無視にあったそうです。完全に妬みです。

子供より親の方が熱くなってしまうのでしょうね。子供がサッカーやるだけなのに何でそんなに揉めるのかよくわかりません。自分も毒親にならないように気をつけなくては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です